超高齢化社会に備える 転ばぬ先のすべり止め
クリアグリップ
屋根と一緒に、足元についても見直してみませんか?

国内において転倒事故で亡くなる方は年間7千人以上と、交通事故死亡者数を大きく上回ります。そこまで来ている超高齢化社会では、思わぬところに危険が潜んでおり、今後、転倒事故の増加が予想されます。

桧垣スレートは、風雨から家屋を守るだけでなく、公共施設・介護施設・一般住宅などでの雨水によるスリップ事故を予防する、足元対策もご提案します。

例えば、こんなところで思わぬ事故が…

  • 施設内の歩道
  • エントランス
  • 公衆トイレ
  • ご家庭の庭先
!できてますか?「バリアフリー新法」への対策

高齢者や障がいを持つ方の移動などの円滑化促進を目的として、平成18年12月20日「バリアフリー新法」が施行されました。
従来のハートビル法と交通バリアフリー法が統合・改正されたものであり、義務化であるため、場合によっては以下の方々に罰則が科せられます。

  • 滑りやすいと分かっていた所有者
  • 滑りやすいと気付いていた施設管理者
  • 滑りやすい材質を使用した設計者
  • 滑りやすい材質の床材を提供した製造者

実際、バリアフリー新法の義務化後、ビルオーナー・施工管理責任者に対しての訴訟が急増しています。
利用者の安全を確保するためにも、施設側は床への滑り止め加工など、転倒事故が起こる前の対策が必要です。

クリアグリップの特徴
  • 従来の滑り止め
美観が損なわれる、耐久性も心配
  • クリアグリップ加工
美しくしっかり高耐久

従来の滑り止めの多くは、滑り止めテープの貼り付けなどで対策されていたため、粘着剤の老朽化による剥がれや、美観を損なうという問題点がありました。

クリアグリップは、熱や風雨などの過酷な条件下で長期にわたって耐える屋根塗布剤の技術を応用し、床材などを摩擦係数の大きい塗布剤で滑り止めコーティングします。

このため、大理石・御影石などの天然石や、タイルなど陶器質床材の風合いを活かしたまま防滑加工が可能です。

■施工イメージ

  • 大理石・御影石などの天然石や、タイルなど陶器質床材の風合いを活かしたまま防滑加工ができます。
  • 粘着シートタイプでは施工できなかった凹凸面や広範囲エリアへの全面防滑施工が容易にできます。
  • 粘着シートタイプやテープタイプに比べて密着性・耐久性・耐候性に優れているため、剥がれにくく、長持ちします。
リサイクル材料を主としたエコな工法です。

クリアグリップの原材料は廃日本瓦や陶器片を破砕し、リサイクルして作られています。もともと高耐久な日本瓦などが主原料のため、強く、エコロジーな性質を持ちます。

施行の流れ

  • 1
    高圧洗浄機により、洗浄をします。

    汚れていないように見えても、靴の裏にはゴミやあぶらなど見えない汚れがついています。場合によっては洗剤を使って洗浄します。

  • 2
    クリアグリップ(1回目)施工

    クリアグリップを塗ります。

  • 3
    クリアグリップ(2回目)施工

    完全に乾いたら、クリアグリップをふたたびむらなく塗って施工は終了です。

このような場所に施工すると効果的です

  • ロビー
  • 大理石の床
  • 店舗内の床
  • 店舗前の歩道
  • 介護施設内の浴室
  • エントランスホール
  • トイレの床
  • 一般住宅